多くの方が、水道水を使ってメダカを飼育していると思いますが、何も処理せず、そのまま使用したりしてませんか?いけませんよ。そんなことでは、メダカを長生きさせることは出来ません。水道水には塩素が含まれており、これはメダカの体に害を与えます。なので、水道水を使用する場合には、必ず「カルキ抜き」を行わなくてはなりません。

「カルキ抜き」を行う方法として、「専用の薬品を使用する」、「バケツなどに汲み置きし、一日置いておく」、「カルキを抜くことが出来るフィルターを通す」などがありますが、やはり一番手軽なのは、薬品を使用することでしょう。ただし、「薬品を使って、メダカに何か異変がないか心配」という方は、「汲み置きの水」を使用すると良いでしょう。飼育されている方の中には、同様の理由で薬品を使わずに「汲み置きの水」だけを使う方も多いようです。ただし、市販されている薬品がメダカに害を与えることは、まずありません。なので、あくまで「自然に育てたい」と考えている方が使用しないだけなので、不安に思う必要はありません。

また、そうしてカルキを抜いた水に、エアーポンプなどで酸素をたくさん送り込んでやると、さらに水質を良くすることが出来ます。ただし、あまりポンプの出力を強くし過ぎて水流を作り過ぎると、かえってメダカにストレスを与えてしまいますので、注意するようにしましょう。