メダカを飼っている水槽にタニシを入れると、水槽内の藻や、メダカが食べ残した餌を食べてくれるので、水槽内を清潔に保つことが出来る。こういったことはよく言われますが、実際のところ、その効果のほどには疑問が残るようです。

タニシをメダカと同じ水槽で飼育しても、「期待したよりも、水槽がきれいにならならかった」という声もありますし、むしろ、タニシは繁殖力が強いので「増えすぎて困った」、なんてこともあるようです。そしてタニシがメダカの卵を食べたりするケースもあるようなので、必ずしもメダカと同じ水槽でタニシを飼育することは、メリットばかりではないようなのです。

とはいえ、タニシが藻や餌の食べ残しなどを主食とするのは確かなので、水質維持にまったく役に立たないかといえば、そうではありません。また、「メダカの卵を食べる」と言いましたが、これは「そういうケースもあった」というだけで、必ずタニシを水槽に入れると卵が食べられるわけではありません。なので、メダカとタニシを一緒に水槽で飼うこと自体に、問題はありません。

ただし、その場合はなるべく大きな水槽に数匹程度のタニシを入れるようにして、あまり大量に繁殖させないように気をつけましょう。さっきも言った通り、繁殖力がとても強いので、放っておくと水槽がタニシだらけに…なんてこともあるみたいですよ。